防災学習

学校や地域での防災学習に楽しく活用できます。



<作る>
ジオラマを組み立てて地形を体感。河川、主要道路、広場などを色塗りして地域の全体像を把握します。

<考える>
自宅、学校、知っている場所、よく行く場所、避難所などをマーキング。ハザードマップの情報なども見ながら、災害のリスクや災害時の行動をシミュレーションします。まち歩きなども行うことで、より実体感のある学習ができます。

<役立てる>
完成後は学校の空き教室や公民館などに設置し、防災情報をはじめとした地域のコミュニケーションツールとしてお使いください!



>>A4フライヤー
>>授業動画
>>プロジェクションマッピング動画

学校の授業で楽しく地域の防災について学びたい!

学校防災授業(学校、教育委員会、自治体 等)
総合的な学習の時間など、小・中学校の授業として行います。
◇身近な地域の地形に親しむ
◇地域の災害リスクをイメージする
◇防災・減災に関する関心のきっかけをつくる

※ジオラマが完成したら、「小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」に応募されてみてはいかがでしょうか。

>>ご案内資料
>>実施例

親子で楽しく地域の防災について学びたい!

PTAのイベント(PTA、親子会、教育委員会 等)
小中学校のPTAなどのイベントとして、ワークショップを実施します。
◇身近な地域の地形に親しむ
◇地域の災害リスクをイメージする
◇親子で防災を考えるきっかけをつくる
◇子供の行動範囲を知る

>>ご案内資料
>>実施例

<地域防災・研究機関>

地域の防災訓練がマンネリで、新しい方法を探している!

地域防災授業、防災リーダー育成(自治体、自治会、自主防災組織、NPO 等)
◇身近な地域の地形に親しむ
◇地域の災害リスクをイメージする(DIGへの活用)
◇災害時の対応のイメージ(避難経路、避難場所、避難所運営、物資の搬送、要援護者の安否確認など)
◇備えに関する意識啓発

>>ご案内資料(地域防災訓練版)
>>実施例(地域防災)
>>実施例(防災リーダー育成)

災害リスクや研究成果を人々にわかりやすく伝えたい!

防災研究活動(研究機関、行政 等)
◇研究対象の地形を可視化・立体化することで、プロジェクト上の課題や認識の共有を図りつつ、アイデア創発をしやすくする
◇住民等への地域災害リスクの啓発

>>実施例

防災以外にも

地域に特化した様々な議論やセッションを活性化させるきっかけやツールを探している!
まちのわかりやすいマップをつくりたい!

まちづくり(商工会、観光協会、まちづくり協議会、自治体 等)
テーマやタスクが前面に立ってしまうことで、ともするととっつきにくくなってしまう“まちづくり活動”。ジオラマを自分たちの手で組み立てることで、楽しく身近な入口から、地域への関心を盛り上げることができます。
◇まちづくりワークショップでの活用(多世代の巻き込み)
◇まちの共有マップとして(観光、防災、歴史など)
◇ミーティング時のアイスブレイク
◇ミーティング時の議論の活性化

>>ご案内資料(まちづくり版)
>>実施例

地域の環境や歴史について、楽しくわかりやすく"見える化"したい。

環境・歴史学習(文教施設、学校、NPO、自治体 等)
社会教育などの教材としても活用いただけます。
ミニタイプはまち歩きにも使用でき、環境(動植物)、歴史、人間の営みのなどの理解に役立ちます。
◇地形と自然の繋がりの理解(斜面林、宅地開発、鎮守の杜など)
◇地形と歴史の繋がりの理解(神社仏閣、宅地開発、土地の地名の由来など)

>>実施例

Copyright 2017 防災ジオラマ推進ネットワーク