Q&A

Q.サイズや縮尺などは自由にオーダーできますか?
A.標準は、範囲:2km四方、仕上がり:2m四方(1m四方×4ブロック)、縮尺:1/1000ですが、ご要望に応じて様々な設定が可能です。ご希望の仕上がりサイズ、対象としたい範囲、活用目的をお教えいただければ、作成可能かどうか検討いたします。

Q.高さは何m間隔で作成しますか?間隔を短く変更できますか?
A.標準としている1/1000縮尺の場合、5mまたは10m間隔が基本となります。
標高差が少ない地域などでは、等高線のピッチを小さくすることも可能ですが、場所によってデータの状況が異なりますのでご相談ください。
また、起伏を目立たせるために、高さ方向の縮尺を2~3倍等に強調することも可能です。(使用・展示時はその旨を周知してください)

Q.キットの製作費用は?
A.地形やサイズ、印刷仕様などによって異なりますのでお問い合わせください。
なお、ジオラマの費用に公的助成制度が活用できる場合もありますので、下記についてご確認ください。
文部科学省「土曜学習応援団」(各自治体に対象の助成制度がある場合、国からも同額が補助されます)
●自主防災組織(自治会、マンション管理組合など)に対する助成制度(詳しくは各自治体にお問い合わせください)

Q.注文からキット納入までの期間は?
A.仕様にもよりますが、およそ3~4週間を目安としてください。

Q.納品時のサイズと重さの目安は?
A.標準仕様の場合、1梱包が110×110×10~15cmで、1~2梱包ほどになります。宅配便などでお届けいたします。
1つの梱包は大人2人で持ち運ぶことができます。

Q.組立に必要な道具は?
A.接着をする場合は木工用ボンド、ボンドを塗るためのローラー刷毛とトレイ、重し(辞書などで可)、色塗り用としてマジックなどをご用意いただく必要があります。詳細は実施時に別途資料でお知らせします。

Q.必ず接着する必要がありますか?
A.展示スペースがない、何回か組み立てを体験させたい等の場合、必ずしも接着いただく必要はありません。実はパーツを型枠に戻す作業も、パズルのようで楽しいとかなり好評です。その場合、組み立て時に型枠をそっと扱うことを周知してください。

Q.授業は何時間(時限)で1セットですか?
A.組み立てと色塗りは1~2時限あればできます。
その後、まちの危険について学んだり、ジオラマに必要な情報を載せて仕上げていくなど、適宜時間をとって行ってください。
授業の内容について、割ける時間数に応じたプログラム例もございますのでのでお問い合わせください。

Q.授業の講師は派遣してもらえますか?その場合の費用は?
A.ジオラマの組み立ては講師なしでも簡単にできますが、授業の運営などを含め、講師派遣も可能ですのでご相談ください。
費用についてはご希望内容によりますのでご相談ください。

Q.過去に行った授業はどんな事例がありますか?
A.「活動レポート」をご参照ください。

Q.載せる情報を色々と変えたりしたいのですが・・・
A.プロジェクションマッピングを活用した表示も可能です。

Q.防災授業以外の目的で作成を依頼することはできますか?
A.もちろん可能です。

Copyright 2017 防災ジオラマ推進ネットワーク