仙台市立寺岡小学校【仙台市 ✖ 防災ジオラマ】

9~12月にかけて、仙台市さんとの共同取組みとして市内5つの小学校で段ボールジオラマ防災授業が行われます。
9月7日はその第1回目、泉区の寺岡小学校5年生の3クラスで90分ずつ、一日かけての授業となりました。

組み立てたジオラマを囲みながら危険そうな箇所について考えて黄色い付箋を貼るワークでは、クラスによって傾向が違っていたのが印象的でした。自分の家の場所(ピンクの付箋)の散らばり方がクラスによって少しずつ違っていたので、その影響もあったのかもしれません。周辺は1970年代から開発された造成地で、年代ごとの航空写真を見ながら地域の成り立ちを遡る過程は予想以上の盛り上がりに!
増え続ける自然災害とともに暮らしていくためには、ハザードマップの情報をおぼえたり理解したりするだけでなく、自分の回りの危険について考える力、気づく力を身に着けることがとても大切になります。
学んだことや気づいたことなどを他の人たちにも伝えていけるよう、このジオラマをどんどん活用してもらえたらうれしいです。

◎学校のブログでも記事にしていただいていますのでぜひご覧ください。
https://www.sendai-c.ed.jp/~teraoka/terashoublog/log/eid588.html

◎防災環境都市推進室様との取り組み一覧はこちら

仙台市 ✖ 段ボールジオラマ防災授業

Copyright 2022 防災ジオラマ推進ネットワーク