2021.3.27 Rethink PROJECT「イオンモールいわき小名浜(福島県立いわき海星高等学校 水産クラブ)」

日本たばこ産業株式会社(JT)様が推進する、「視点を変えれば、世の中は変わる。」をキーワードに掲げた「Rethink PROJECT(リシンク・プロジェクト)」の一環として、2021年3月より段ボールジオラマ防災授業を活用頂いたプログラムを展開しています。

第2回目の活動は、福島県いわき市にある「イオンモールいわき小名浜」にて福島県立いわき海星高等学校 水産クラブの生徒さんに参加いただきました。
小名浜港周辺の地形模型「段ボールジオラマ」をを組み立てた後、幹線道路や河川に色を塗ることで、地域の地形、高低差を体感して頂きました。
段ボールジオラマ完成後は、災害について考える時間として、危険性があると思う個所にマーキングを行いました。それを踏まえ、災害の危険があるハザードエリアにも色付けすることで、自身の災害の危険のイメージと実際の予測のギャップを可視化することができました。

完成した段ボールジオラマは4F 小名浜ダイニングにて展示を行い、来店されたお客様にもご覧いただく事ができました。

“Rethink”と“防災”をキーワードに、これからの防災を一緒に考える時間を、防災ジオラマ推進ネットワークも寄り添いながら作ってまいります。

当日参加頂いた皆様の感想などは日本たばこ産業株式会社様のプレスリリースをご覧ください。

Copyright 2021 防災ジオラマ推進ネットワーク