横浜市立 日枝小学校

先週の12月3日、横浜市立日枝小学校の6年生のクラスで段ボールジオラマを使った防災授業を行いました。お昼前の1時限で組み立てを行って一緒に給食を食べた後、午後の2時限を使ってワークショップを実施。事前に宿題を出しておいた「危険だと思うもの、場所」「災害時に役に立つもの、場所」をジオラマ上にマッピングしながら、なぜそう考えたのか? どうすればいいか?などをみんなで話し合いました。「高台は津波のときに安全」「高速道路の下は地震のときに危険」「備蓄庫のある学校は役に立つ場所」など、終了時にはジオラマの上にたくさんの防災情報がプロットされました。
これから街歩きなどもして卒業までにさらに情報を充実させ、できれば地域の方々の目に触れる駅などに展示したいそうです。平日の昼間に災害が起きたら、じつは町に多いのは子供とお年寄り。子供たちから地域へ、こんなかたちで防災情報の共有ができたらすばらしいですね!

Copyright 2019 防災ジオラマ推進ネットワーク